16

都心に身を置いたら身体をまずどこかへすてて、相手と自分との距離をすてて、一心同体になること。 決して我を突きとおそうなどと考えないように。 傷ついたならば、その傷に対し、わたしたちは何も治す手だてがない。 だから、一つになるしかない。